--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.02.08.21:50
バレンタインキッス!


バレンタイン・キッス~♪


バレンタイン・キッス~♪♪



いつの間にかでバレンタイン
自分には縁のない話ですがね・・・
仕事でもあんまり関係ないしね
忙しくないから給料が・・・


昔はトラック3台分くらいはもらってたのに
夢の中ではね・・・



虚しくなるから考えないように
でも街ではバレンタインでいっぱい



ピエール・エルメ
ピエール・マルコリーニ
ジャン・ポール・エヴァン
ゴディバ
デメル・・・



どれがいいかな?


やっぱりレアなのがいいかな!



不二家のカントリーマアム!



なかなか手に入らないし
今となってはレア商品だな!


まだ俺の部屋にあるけどね


大事に食べていますよ!!!



今年は何個もらえるかな?


たぶんゼロだけど・・・



スポンサーサイト
2006.11.15.23:06
流行語って流行?

最近すっかり寒くなってきましたね
いつの間にか冬らしくなってきましたね
朝方の通勤がつらくなってきましたよ・・・
何気に今年も残すところ一月半なんですよ!


そんな中、今日はオシムジャパン2006最終戦


今年最後のA代表戦!


対 サウジアラビア


結果は3-1で勝利!



もう今年最後なんだね・・・
それにしても巻は無得点でダメだわ・・・
まぁ勝ったから


アジアカップ1位通過です!


もちろん優勝してほしいものです!



今年を惜しむなーんてね・・・
寒い夜にはデーモンです・・・




さぁ今年は何になるのかな???


流行語!!!


年末の楽しみはこれくらいです(嘘)
それじゃあおさらいです!



 年度   流行語     受賞者


1991年 ・・・じゃあ~りませんか チャーリー浜


1992年 「うれしいような、かなしいような」
「はだかのおつきあい」 きんさんぎんさん


1993年 Jリーグ 川淵三郎


1994年 すったもんだがありました 宮沢りえ
イチロー(効果) イチロー
同情するなら金をくれ 安達祐実


1995年 無党派 青島幸男
NOMO 野茂英雄
がんばろうKOBE 仰木彬


1996年 自分で自分をほめたい 有森裕子
友愛/排除の論理 鳩山由紀夫
メークドラマ 長嶋茂雄


1997年 失楽園 渡辺淳一、黒木瞳


1998年 ハマの大魔神 佐々木主浩
だっちゅーの パイレーツ


1999年 ブッチホン 小渕恵三(内閣総理大臣)
リベンジ 松坂大輔
雑草魂 上原浩治


2000年 おっはー 慎吾ママ(香取慎吾)
IT革命 木下斉(商店街ネットワーク社長・
早稲田高等学院高校三年(当時))


2001年 「小泉語録」
(米百俵・聖域なき改革・恐れず怯まず捉われず
・骨太の方針・ワイドショー内閣・改革の「痛み」) 小泉純一郎(内閣総理大臣)


2002年 タマちゃん 佐々木裕司(川崎市民)、
黒住祐子(フジテレビジョン・レポーター)
W杯(中津江村(現日田市中津江村)) 坂本休(中津江村・村長)


2003年 毒まんじゅう 野中広務
なんでだろ~ テツandトモ
マニフェスト 北川正恭


2004年 チョー気持ちいい 北島康介
 
2005年 小泉劇場 武部勤他
想定内 (外) 堀江貴文


これに出てくる芸人さんは
一発屋になってしまう・・・
てか本当に流行った言葉なのか???


マスコミではよく聞くけどね・・・


1・2・3・
シンジラレナイ~


きっとくるよ!!!



津波は大丈夫かな???


 

2006.10.02.23:15
深い衝撃・・・


良く頑張った・・・
そんな言葉しかかけられないのが
日本人であるな・・・
負けは負け頑張っても結果がすべて


それが勝負の世界なのである
悔しいけどこれが現時点の
実力なんだろうな・・・


 


凱旋門賞


ディープインパクト・・・





Photo


 


惜しくも3着・・・
武豊さんちょっとやっちゃったね
何だか去年の有馬記念のようだ
まだ飛んでないような・・・



リアルタイムで見ていて睡眠不足のデーモンです。




日本競馬界の怪物
ディープインパクトの世界の挑戦
この名前は一度は聞いたことはあるとは
思うがそれほど有名な馬なのである


凱旋門賞とは世界最高峰のレースであり
競馬に関わるものの夢である


そんなレースで世界と張り合った
ディープはたいしたものである
日本のファンも多く
最終オッズはなんと



1.1倍



もはや賭け事ではなく
ファン投票のようなばけんであった


日本時間で0時30分と言った
深夜の中の異例の生放送
なんと視聴率は驚きの



約22%



この数字の怪物です
とりあえずファンが多いわけです
まぁ自分もですが・・・



そんなことよりもこのレースを勝っていたら
日本に戻ってきて有馬記念で
引退なんて考えもあったみたいですが


この負けでまた来年の挑戦も
考えているみたいです
ファンからしてみると
まだまだあの飛ぶ姿を見たいものです



今年の有馬記念はハーツクライとの
リベンジになるだろう!
ますます面白くなってきた


競馬のわからない人には
つまらない話だったかな???



ブログは自己マンです我慢してね!