--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 


あんなこといいな~できたらいいな~♪


あんな夢 こんな夢いっぱいあるけど~♪


みんなみんなみんな~かなえてくれる♪


怪しいポッケでかなえてくれる~~~♪


そらを自由に飛びたいなぁ~~♪



 


 


はいっ!ジャンボ旅客機~!


 


 


『こんばんわ、機長のデーモンです。当機は新東京国際
空港を無事離陸いたしまして、ローマ/レオナルド ダ ヴ

ンチ
空港まで高度3500feet、10668mで巡航中です
途中、積乱雲を通過いたしますので少しの揺れが予想さ
れます。ベルト着用サインが消えましても必要時以外はベ
ルトを着用してください。到着予定時刻は現地時間の18
時35分です。それではローマまでの空の旅をおくつろぎ
ください。グッドラック!!!


 


・・・・・・・。


レオナルド ダ ヴィンチ空港、高度3500feet


・・・・・。


ダ ヴィンチ空港、高度


・・・・。


ダ ヴィンチ、高度


・・・・。


ダ ヴィンチ・コード


 


 


 


結構、無理矢理です!


世の中って物は結構無理矢理です。



そして観てしまいました!!! 


 


話題の映画ダ・ヴィンチ・コードが20日の日に解禁となった!
もちろん世界での反響は大きく歴代2位のスタートダッシュ
小説の迫力を映画で表現できるかが気なるところだが
観に行った感じ


 


トム・ハンクスの髪型っ!!!


 


映画と関係なくとても違和感でした・・・


 


まるで姉歯氏の頭のように???


 


ハゲはHAGEらしく生きろ!!!


 


関係ないことでした・・・
映画自体は小説を読んだか聖書を知っていないと
とてもついていけません・・・
説明もあんまりないし、それでいて濃縮しています


このストーリーを一作でまとめるのは無理な話なのです
はっきり言って小説を読んだ人の映画なんでしょう!!!
小説→映画の順序で観てください!
映画は資料集みたいなものと考えてた方がいいと思いますよ!
まぁ興味深い映画だってことは確かですけどね


 


 


気になったのは最後に


この作品の人物、団体・・・はフィクションです。


 


ってエンドロールでわざわざ字幕で出てきたのは


 


かなり無理がある・・・


 


この作品の最大の特徴は
芸術作品、建築物、文章、秘密儀式に関する記述は


すべて事実に基づいている。


と小説に書かれていることだ・・・



 


原作本とはちょっと違うところもあるが
これは明らかにカトリック教会に対しての考慮
なのであろう・・・
キリスト教の普及がそれほどではない日本では
安全に観られるのでは?

 


内容は簡単には説明できないので本を読むなり
映画を観るなり、調べたりして欲しい
そして、この作品について語り合おう!



  



映画『ダ・ヴィンチ・コード』公式サイト


ダ・ヴィンチ・コード 公式ファンサイト


角川書店『ダ・ヴィンチ・コード』


スポンサーサイト

管理者だけに観覧

TrackBackURL
→http://haranbanjyou.blog54.fc2.com/tb.php/69-eaa45005