--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.03.03.22:42
晩婚化・・・。

『うれしいひな祭り』



山野三郎 作詞
河村光陽 作曲
昭和11年(1936年)


あかりをつけましょ ぼんぼりに


お花をあげましょ バラの花


5人同士で 合コンだ!


今日は見つけるヒルズ族・・・


現代風にリメイクしてみました。替え歌なら任せろのデーモンです。


 


ってなわけで今日はみんなの知っている日、そう耳の日です!


3が二つでミ・ミ?まぁ耳鼻科の偉い人たちが決めたんだろうけど
とても日取りが悪いです・・・。
完璧にひな祭りに持っていかれてます!


よって放って置きましょう!
ひな祭りといえば雛人形です。
もう撤収させましたか?えっ、まだなんですか?
それはいかん!!!ただでさえも晩婚なのに


一生お嫁に行けなくなりますよ!


なんでそんな迷信があるのかはわからないけど
高齢社会を支える子供をたくさん生まないといかんのです!


 


そんなひな祭りを軽くお勉強!


季節の変わり目に体を清め、厄を祓うと言う習慣がありました。
現在では、端午(5月5日)や七夕(7月7日)といった五節句は
中国から渡って来たようです。


古代中国では3月の最初の「巳(み)」の日に水で体を清め
宴会を催し厄を祓うという祭りがありました。
その「上巳の節句」が日本に伝わり
日本古来からあった人形(ひとがた)に厄を移す風習などと混ざり合い
平安時代になると、祈祷師を呼んで祈りをささげ、人形をなでで厄を移し
供物を備えて水に流すと言った祭りが毎年行われるようになってゆきました。


これが時代を経て今のような形式になったわけです。
(平安時代や江戸時代などまだ間に話があるけど長いからカット!)


 




そんな中、仕事帰りに大手スーパーに寄ってみた
後輩Hが黙々とバイト中!おばさんたちが次々と後輩Hに尋ねていた。
後で何を聴かれていたのか聞くと


みんな雛あられを探していたらしい!
当日だしもう売り切れだったらしく大変そうであった。


そんなこともお構いなしに30分も話し込んでしまった・・・。
バイト終わったかな?お疲れ様!


 
最近、更新時間が遅いため睡眠時間が少ないためバテ気味
明日は休みだしゆっくりしようかな?
遊んでくれる人募集!!


 


今日は桃の節句季節の変わり目
いいもの食べましたか?


もちろん皆さんは欠かさず


ラム肉


を食べたことだと思いますがね!
 
 


>コメントを下さってる皆さん
たくさんのコメントありがとうございます。
まだまだ不慣れなため返すことが出来ずに反省
皆さんのコメントでやる気,元気、いわき!?
これからも暖かく見守ってやってください。


by デーモン


←ランキング上昇中!皆様のおかげです。


スポンサーサイト

管理者だけに観覧

TrackBackURL
→http://haranbanjyou.blog54.fc2.com/tb.php/7-2317cd25