--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 


 


体重がやばいです・・・


だからちょっと体を動かしてみました


 


もちろん明日は筋肉痛ですな・・・


 


高校のサッカー現役時代よりも
ちょっと肥ってしまった
いやかなりかな・・・
というより会社のせいです・・・


 



お菓子のせいです!


 



人のせいにしているデーモンです。


 


やっぱり何でも知識が肝心!
というわけでダイエットについて勉強しましょう!


 


 


実は体重よりも体内脂肪・・・


 


 
同じ体重でも、見た目の肥満よりも
内臓にべったりついた脂肪が多い人の方が
成人病になる確率は高いようです。
また何度も急激に体重の増減を経験した人
いわゆる慢性ダイエッターにはこうした傾向が多いという報告もあります。


これは、実際の体脂肪よりも
低く出る傾向にある市販体脂肪計では
正確には把握でないため、CTスキャンなどで計測します。
内臓に脂肪沈着が多いことは
生活習慣病発症との密接な関係があるようです。

ところで、内臓に脂肪沈着が多いことは
生活習慣病発症との密接な関係があるようです。
「内臓脂肪症候群」という概念を提唱した
医師グループからも最近は論文が出ていますし
今後の社会環境では問題になってくる生活習慣病の
予防や治療に有用になってくると予測されています。

ちなみに現在日本では、
CTスキャンした内臓脂肪計測にN2システム社の
「Fat scan」と言うソフトが唯一のスタンダードソフトとなっていて
100以上の病院、研究所で採用されているそうです。

このソフトについては、『医師が教える!1分ダイエット』のサイトに
情報が載っていますので、興味のある方は、ご覧になってみて下さい。

●サイト内関連ページ

 内臓脂肪計測「Fat Scan」


 


 


トレーニングする?


 


 
一時的な激しいトレーニングによるダイエットよりも
マイルドに毎日少しの運動を取り入れた方が効果的
でリバウンドが少ない

これについて
どのくらいの運動をしたら良いのか?

日常生活や仕事でかなり体を動かす方ではないとすると
慢性的な運動不足に陥っている可能性があります。

そんな方には、たとえ1~2分でも良いですから腹筋運動や腕立て伏せ
簡単な体操などがいいみたいです。


1回1~2分でも、一日に10回やれば立派な運動になります。
有酸素運動は脂肪を燃焼させますが
短時間の無酸素運動も減量効果があると言われて来ています。

名古屋大学総合保健体育科学センターの佐藤先生の
運動療法の表を引用してご紹介します。


  
 


種目:ラジオ体操、散歩、ジョギング、自転車、水泳(後二者が肥満者に適している)

強度:最大強度の50%前後(運動中会話のできる程度)


持続時間:10~30(60分)

頻度:週に3~5以上


 


 
有酸素運動の定義も多少変わってきている昨今
この程度でも十分意義があると言われています。

またTCAサイクルと言う代謝過程がありますが
これが活発になるとインスリン感受性も増加してダイエットには効果的です。
これにはやはり日常生活で少しでもマメに体を動かす努力が必要です。


 



  


 


怖いリバウンド


 


 
ダイエットを繰り返す方も多いでしょう。
「何度も痩せたり肥ったりを繰り返してしまう」
「いろんな方法も試して見てもうやり尽くした。もっと良いものはないかしら?」


などの悩みをお持ちの方も多いでしょう。


こうした「慢性ダイエッター」が多いのも確かです。
ダイエットは痩せてから維持する方がもっと大変です。
なぜならばリバウンドがないダイエットはあり得ないからです。
リバウンドはダイエットにはつき物だということを忘れてはいけません。


リバウンドが無いかどうかは2年以上の追跡調査を要します。
なぜなら2年経たないとリバウンドの結果はわからないからです。
痩せるだけならどんなダイエット法も低カロリーですから痩せるのは当然です。
最初は痩せることに目的意識と楽しみもあるのでがんばれます。


しかし目標に到達してしまった後
リバウンドと戦う力はなかなか出てこないものなのです。
民間痩身療法で2年後の経過を示してリバウンドがない
と言える療法は無いのではないでしょうか。
特に急激な理論的でないダイエット法には非常に激しいリバウンドが来ます。
7-8年後にももとの体重を超えると言う結果を招くことも非常に多いようです。


「リバウンドが無い」と言うダイエット法は
その言葉だけで理論と根拠が無いと言えるでしょう。
なぜなら2年以上の長期のデータを提出できないでしょうし
なによりそのようなデータなんて取る気もないでしょうし。


 


 


まぁもちろん実践が重要!


 


 


ちなみにブラジルには


リバウドはいないです。



 


 


俺、頑張るから


昔のような体を取り戻すから


 


ブラジルに勝ってね!!!


 


 

スポンサーサイト

管理者だけに観覧

TrackBackURL
→http://haranbanjyou.blog54.fc2.com/tb.php/91-c589f2d4